ブログ運営

【メディアの編集長2ヶ月目の学び】育てることの難しさと読まれるメディア創りの考え方

こんにちは、もたです。

最近は、NoCodeサービス開発やメディアの編集長・マーケッターとして頑張っています。(意外と授業がなくて暇だから実質今から春休み中)

10人ほどのライターを2人のディレクターでなんとか毎日1投稿以上を始めて2ヶ月が経とうとしています。

自分の文章力をあげるためにも、自分のブログでも記事を定期的に書いていこうと思ったりなんだりかんだり、、、

さて、この記事では編集長目線での考え方や大事にしていることなどをコンテンツにしていきます。

チーム作り

これまでの変遷

12月の頭に、自分はこのメディアの代表と一緒に頑張ることにしました。
私は、メディアの構築もできるし、広報も、マーケティングも、ライティングもそこそこできます。デザインも。

彼の役割は、多方面と交渉・ライター集め、説得、モチベーションマネジメントということでした。

最初はライターが1人もいなかったので、自分と代表の2人で(ほぼ俺)毎日記事を頑張って更新していました。その傍ら、代表はめちゃめちゃライターに声をかけて一緒にやる仲間を集めてきました。

自分は、12月後半にはディレクターとして記事の編集・管理・WordPressへの反映を行う役割になり。
1月前半には、ディレクターが1人増え、2人体制となっていま1月の中間地点にきたところです。

私はもともと企業などでライターをした経験はないので、
もうひとりのディレクターにフィードバックの方法などを学びながらやっています。

学び

まず、自分が苦手なことやできないことを認識して、いろんな人に頼る・頼む・連携するということが物事をスピードを持って進めるのに大切だということについて

頭ではわかっていても、行動に移せていませんでした。
そこを代表に口うるさく言われてようやく、少しマシになってきたと思います。

自分はいままで、人を巻き込むことやモチベーションマネジメントができると思い込んでましたが、実際は真逆でかなりひどいということも知りましたね

最初に時間がかかっても、
人は育てた方があとから楽になるという学び

しかし、自分の頭ではわかっていても相変わらず自分でやってしまおうとしていたりするので、これは訓練が必要です。

うちの代表が、俺の性格を理解して定期的にこの考えを伝え続けてくれているので、まぁなんとか頑張れています。

IT技術面

WordPressのテーマは、JINを導入し、
サーバーはロリポップ、ドメインはお名前.comでやっています。

ここは、学生に任せられないので自分でやっちゃっていますが、
できるだけ学生だけで回せるように、誰でもできるを最重要視してやっています。

WordPressへの入稿はいきなりだと難しいので、記事を書くことに慣れてからにしたり、Google Documentで書くということさえ難しい人もいるので、ドキュメントをこっちで用意してあげたり
しかし、最終的には全員WordPressへの投稿をできるようにしていきます。

そうやって、徐々にできることを増やして積み重ねることを意識しています。

デザインに関しても、Canva というデザインツールを使うことで、
デザイナーがいなくても誰でもサムネイルを作れて誰でも修正できる
という状態は絶対的に優先しました。

学生団体である以上、
わかる人が抜けたらなにもできない組織に価値はないんです。

これは、これまで4年間、学生として活動をして
学生団体やインターンに参加して得た経験からです。

ライティング面

企業で記事を書くということをしたことがないため、ライターへの仕様書を検索したり、本を読んだりして、ライティングや考え方のポイントなどを学びました。

ライターは、まずGoogle Documentで書いてもらうことで、添削する際に、指摘などをコメント機能・提案機能で指示をできたり、マーカーで赤入れができるので便利ですね

また、Google Driveを使うと記事の管理がとても便利です。

また、ライティングをする人が必ず読んだ本

ここを読みました。

戦略を立てる

戦略を立てました。

うちでは、
◯ヶ月で〇〇PV !
新規ユーザーとリピーターの比を◯:◯に頑張る!など

この戦略を立てるには、そもそもマーケティングの基礎知識がないとお話になりません。

マーケティングの議論をする人には、全員必須で

らへんを読んでもらっています。

なにも基礎がない状態で議論をしても、価値のある議論はできないため
戦略に関わりたい人にはまず、本を読んでもらうなどしました。

この結果は、明日の戦略ミーティングで
活きてくるといいなぁと思っています。

そして、希望者には全員に、Google Analyticsの閲覧権限を渡すことで
やる気次第で、分析して戦略を立てることに関われるような仕組みにしています。

まぁ、これが本当は悪くて、自分の結構老害なところが出ちゃっています。

どこまで、手を差し伸べて、優しく中心の熱量が激アツな領域に来てもらうかを迷っています。

組織開発というか自己実現

この組織に関わってくれているなら、自己成長して欲しい。
という想いがあります。

自分がなにをしたくて、どんなアプローチをして、
そのためにいまどうすべきなのかを自ら考え、行動できる人になって欲しい

みたいな。成長して欲しいという想いは代表と同じなんですけど

私のやり方が老害なんですよね

うるせぇ! 自分で考えろ! ついてこい!

みたいな、かなりブラックになってしまうんです。
ここが、私の改善ポイント。もはや人生の課題です。

まずは、この組織にいると楽しいな。と思ってくれるようなことを創り
そこから、うちで成長したいと思うような環境を作らないとダメだなと

毎回、代表から諭されています。

このメディアは、学生でありながらあらゆる分野の学生プロフェッショナルがたまたま集まっちゃっているからこそ、関わることで自分の人生の目標を認識したり、人生のミッションを立てて実現に向けて行動したりすることができると思っています。

自分は、考え方が本当に下手くそなので、代表にモチベーションマネジメントを任せながら、自分の考え方を毎日振り返り、反省し、次に繋げようと努力をしているところです。

私としては、自分の考えや想いを言語化することがかなり苦手で、ライティングのフィードバックもめんどくせぇって思って自分で修正しちゃうことがまだあります。

できるだけ、ライターの成長のために、添削するときに違和感をしっかり自分で受け止めて、言語化をしてフィードバックができるようになりたい。

ここが、いまの自分の課題であって、頑張るポイントなんだなぁーと思いながら生きています。

まとめ

メディアに拘らず、物事を始めるときはチーム戦です。

得意不得意は、当然、自分にもメンバーにも、代表にもあります。

自分ができないこと、得意なこと、譲れない価値観を認識し、チームとして成立させることがうまくいく第一歩なのかなと思っています。

現在、2ヶ月目ですが

1ヶ月目で5000PV達成

2ヶ月目は、リピートユーザーを50%にするという目標でやっています。

チームとして、お互いを知ろうとし、正しく目標設定をして、正しくアプローチすれば目標は達成されます。

正しいアプローチをするためにも、基礎となる知識をインプットし
共有することで、いいプロダクトが出来上がるのではないかなと思いました。

自分のライティング力を高めるために、定期的にブログも書いていきたいと思います。

私のブログはそろそろ100記事達成。

100記事書いたらようやく慣れてきましたね。
ライターもちゃっちゃと100記事書いてちゃちゃっと描けるようになって欲しいものです。書けば書くだけ書くことになれて、どんどんメディアとして新しいことに挑戦する余白ができるので (老害かな?)

私も、このブログを始めた頃は1記事の質が最悪だったなぁと思いますが、
3年間だらだらやってくると、ようやく少し慣れてきました。
情報局の方でも、明日出す記事がない!ってなってライターが誰も書いてない!ってなっても、ちゃちゃっと1時間くらいでそれなりの記事は書けるようになっているのも、書きまくったからなのかな

自分は、努力型なこともあって、とにかくやれ!慣れろ!試行錯誤して思考して身につけろ!となってしまうので、物事を教えることに本当に向いていません。

そこの悪い部分を、情報局では改善していきたいなぁと思っています。

今最も力を入れているので、(就活よりも)よかったらみてってください

https://live-yamagata.info