大学生

MARCHより地方国立がコスパがいい|メリットとデメリットを解説|おすすめの地方大学も紹介

こんにちは、地方大学生のもたです。

MARCH全落ちで、東京から地方国立に進学しましたが、地方国立来て良かったーと思う場面がかなりありましたので、MARCH行ってないけど。独断と偏見で、地方国立大学の良さをお伝えしていこうと思います。

私について
  • 東京都練馬区育ち豊島区の高校卒業のいわゆるシティーボーイ
  • 工学部電気電子専攻
  • 山形大学、大学に行くまで山形がどこにあるのか知らなかった
  • 受験時には、学費からコスパまで全て調べ尽くした

かなり心配性なので2chやGoogleや様々な大学のホームページをくまなく捜索しました。(笑)

メリット

学費が安い

これは、理系の学費の場合なのですが、都内のMARCH私立大学「明治・中央・法政・青山・そして、立教は理系がないので東京理科」この5つの学費は、入学費と4年間の学費込みで一番安くて東京理科大学480万円ほど。そこから、580万円から620万円だったと思います。

そこから、都内実家暮らしだとしても定期代やよくわからない費用がいろいろかかってきてトータル700万はすると思います。

また、一人暮らしの場合は、月に10万ほど生活費がかかると思いますので4年間で500万円くらいしますよね。そうなると、なんと1000万円は下らないと膨大な額になってしまいます。

一方国立大学は、年間学費一律で50万円。4年間で200万円。生活費は、地方の場合月5万円で足りるので4年間で5×12×4=240万円

つまり、4年間で440万円ですね。え?ほぼ3分の1じゃないですか。

これは、4年間の話です。理系就職するなら大学院に行くのが一般的なので、国立6年間を計算すると、生活費込みで660万円

国立大学に6年間通い一人暮らしをする金額と、私立大学に4年間実家通いする金額が同じなんです。国立に行かない理由ってありますか?

ありませんね。はい、ないんです。

授業の密度が高い

国立大学は、学生人数が少ないことが特徴です。そのため、授業も教授の目が良くも悪くもw行き届いてることが多いですし、高級な実験器具も人数分あったり設備も十分なことがとてもいい点だと思います。

学科人数があまり多くないにも関わらず、授業が習熟度別に分かれていたりして、かなりお得だと思います。

ゆとりを持って学べる

これは、総合大学だけかもしれませんが、他の学科の授業や関係ない授業が取れることが多いです。

また、私立理系は4年間で卒業する学生が多いため1年生からバリバリ実験があるなどして、大変ですが、私は2年生から週1で実験があるなど、比較でしかゆとりをもって学べます。

これは、国立理系は基本6年間通う人が多いため時間に余裕があるのだと思います。

また、大学全体的に学生が私立よりも少ないため図書館が混むこともなく、テスト前でも集中して勉強しやすいと思います。

ストレスがない生活

地方大学の場合、周りが住宅街(学生アパート)なことが多いため、通学に徒歩5分しかかからないことがあります。(金沢大学など例外あり)

そのため、朝はギリギリまで寝れますし、空きコマは昼寝のために帰れるし、電車に乗らないので友達の家で飲み会を時間を気にせずすることができたりして、お金もかからずストレスフリーな生活をすることができます。

留学に行きやすい

学生数の割に、留学先が多い傾向があります。それなりにちゃんと勉強していれば、うちの大学では落とされることはほとんどありません。

私は交換留学は落とされましたが(笑)

でも、短期のやつとかはいけました。

飛行機代と単位が出て数週間協定校で日本語教えてくるプログラムとかありました。かなりお得(笑)

山形大学のおすすめ留学なら学生大使 山形大学で留学をしたい!そんなあなたにおすすめなのは、学生大使です。 学生大使とは 山形大学と提携している海外の大学へ1...

まぁここまで、メリットばかり並べてたんですがデメリットもありますよ。 

デメリット

車がないとしんどい

田舎は車がないとしんどいです。買い出しや遊びなど。私は毎回友達に乗せてもらっていますが、やっぱ車は欲しい、、、

学費が浮くので、その金で買っちゃうのもありですね。駐車場も月3000〜5000円と安いので

情報が少ない

就活に関する情報や遊び、イベントなどに関する情報が明らかに少ないです。なので、自分で取りに行く努力をしなければなりませんね

就活は特に、周りの人と同じようにやろうとすると必ず東京の流れを知らずに後悔する結果になります。

そのためにも、数回都会に出たりしてインターンをしたりして情報を掴む必要があります。

大学生活を後悔しないためにやること【Ⅰ】情報源を広く確保 こんにちは、もたです。この記事では、大学生活を楽しみたい!大学を最大限活用して後悔のない4年間にしたい人へ大学生活のスタートダッシュの...

就活に金がかかるという人もいますが、情報への感度を高めておけば、地方の方がトータルは安くなりますよ。特に問題ありません

おすすめの地方大学

以上のことから、東京に気軽に行ける距離で、なおかつ周りに住宅街があり、大学から新幹線が止まる駅までもそこそこすぐに行ける大学がおすすめです。

具体的には、東北、山形、北海道、宇都宮、山梨、信州、静岡あたりでしょうか。

他はあまりわかりません(笑)

また、東京までちゃちゃっと行けるのは山梨や宇都宮かなと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね

それでは


地方大学生おすすめのクレジットカードは? | 作らない理由はない理由 こんにちは、地方大学生のもたです。 この記事でわかること 大学生にとってクレジットカードは必須アイテムです。この記事では、なぜ必...