大学生

大学生活を後悔しないためにやること 【ⅴ】自分軸で判断

こんにちは、このシリーズでは大学生活を後悔しないためにどのように生きればいいのかについて話しています。

他の記事は、こちら!

https://dellcui.com/category/career/student/

今回のテーマは、自分軸で判断ということです。
自分軸ってそもそもなに?という点から話していければと思います。

自分軸とは

そもそも自分軸とはなんでしょうか。
私は、「他人になんと言われようとブレない自分の中の柱」だと思っていますが、ここでGoogleで検索してみました。

自分軸とは、あなたの中心に置いている軸(信念)のことです。つまり、その軸があなたの生き方を決めています。他人軸で生きる人は、常に相手を気にしながら言いたいことも言えず我慢の人生を送って、自分軸で生きる人は、自分の信念に基づいて困難を切り開き、イキイキと自分らしく輝いています。

https://www.jibunjiku.com/jibunjikutohananika

らしいです。
まぁつまり、同じようなもんですね(笑)

いままで結構他人軸で生きてきた人って多いんじゃないですか?意外と。
〇〇がやるからやる。〇〇に言われたからやる。判断基準を他人や環境に委ねてきたなぁと思う人は一般的だと思います。
日本の教育がみんな一緒になかよく。なので、仕方ないこと

でも、その考え方で大学生活を送るとどうなんだろうね?
という問題提起です。
は?うざーと思った方もこの記事だけでも読んでみてください。

なんで大事なの?

自分軸で物事を考えることができると、「後悔しない選択」をすることができるようになります。
人生で大事な決断をしなければならないとき。
思い切って挑戦するとき。
いままでの自分から脱却して一歩踏み出すとき。

そのときに、判断基準が自分の中にあることで、あとから自分のせいにするしかなくなります。
他人や環境に責任転嫁できなので、素晴らしいことに自分で選んだ道を正解にするために行動せざるを得なくなります。

他人に流されなくなる

他人に流された判断をしてしまって、あとからなんでこれを選択したんだっけ?となったことはありませんか?
周りの人は、最後は誰も守ってくれません。
結局あなたしか自分を守れる人はいないんです。

まとめ

自分の中の答えは、いつもあなたの中にあります。
他人が決めたことに従っていても、他人は責任をとってくれません。
自分で決めた決意を、
あとから「よかった」と言えるように最善を尽くすことが
生きていく中で重要になっていきます。

その指標・判断軸を自分で大学生のうちに作ることがあなたを幸せにします