日記

大学2年生の夏休みから1年間休学した私の振り返り

私は、田舎の国立大学の工学部に通う2年生です。
入学直後に、ホリエモンの「多動力」を読んでから、
「とにかくまずはやってみる」をしてきた
典型的な“敷かれたレースの上を歩きたくない系”の典型的な学生です。

大事なことなので、2回言いました。それも踏まえて学びでした。

私は、道を外れたがってるけど勇気が出なくて、やってることは一見外れてそうでも
中途半端に、なにをしたいのか迷っている最近流行りの大学生です。

そんな私が、この度復学をするにあたり この1年間を振り返って

  • なぜ、休学したか
  • 休学計画の立て方 目標
  • なにをしたか(なぜそれをしたか)
  • なにを得たか、なにを感じたか

について、時系列で書いていきます。

休学の経緯

事の始まりは、大学1年生の春。起業をした先輩に出会った。
身内ならわかると思いますが、natukusaっていう山形の学生のためのローカルメディア
natukusa.com を作った、たかーぎーさん。大学を山形に決めた時から知っているメディアだった。

すっげ〜〜〜〜、俺もこんなことしてみたい!などと思い、留学、学生起業家、地域活動をやっている先輩といろいろ繋がりをもっていくうちに、大半は休学をしているらしいことを知る。
agasukehouseとの出会いもそのタイミング。
いまは、新規事業の教育メディア agasukelab.com のエンジニア、ライターとして
wordpressでサイト作ってます。宣伝(笑)

まぁ、そんなこともあり、「いつかは俺も休学したい」と思い休学。
ある意味、休学することが目的となっている休学でした。

大学1年の春休みに参加した武者修行プログラムで、世界はでっけーこと、自分がまだまだダメダメ
ペーペーってことを知った。その後、その運営会社で営業とインターンをしていくんだけど。
その会社のベトナム法人で、日本語教師を募集していると社長がFacebookで言ってたので
その瞬間、申し込んで面接してもらって、ベトナムで日本語の先生をすることになった。

なんで、ベトナムで日本語教師?

理由はいろいろあります。
1.インターン先の会社が好きだったから。
2.1年生の夏にインドネシアで日本語を教えたことがあり、またやってみたいと思ったから
3.教育ってなんだろう?と興味があった
4.休学の理由が欲しかった。
5.またベトナムに行きたかった。

と、まぁどうしようもない 表向きのかけらもない休学理由です。

勢いで、住んでたアパートを引き払い、親に手伝ってもらって東京の実家に引っ越し
教授捕まえて、休学届けにサインしてもらい、怒涛の勢いで休学手続きを完了させました。

2年前期の必須単位を3つ落とし、
「もういいや。俺今まで親の期待通りに
都立高校に行って、国立大学の理系に現役合格したんだもん。勉強したくないよ。
休憩したい。」

そんな考えも、同時にありました。

自分がやりたかったことを全部やる

今までも、自分がやりたいことを全部やってきましたが、どうしても大学やバイトがあり
ほんとに全部は達成できませんでした。この休学期間は、絶対にやりたいこと全部やる!と決め
休学に突入しました。

また、私の大学は、冬に雪が降りまくりで道を歩くことも困難です。
雪の中バイトに行くのつらいし、勉強する時間が雪道にもってかれたら勿体無いと思って
復学後に、バイトをしない生活をするためのスキルをつける。ってことも目標にしてました。

休学中(前半)

  1. やまがた次世代会
  2. iOSアプリ開発合宿
  3. よんなな学校
  4. いざ、ベトナムへ

この4つ、全部最初の1ヶ月以内の出来事です。
特に、やまがた次世代会は、山形の若者がもっとお互い知り合えるきっかけがあれば楽しいのになぁ。と思いつきで仲間をFacebookメッセージしまくって集めて、イベントをやりました。
これは、ほんとにしんどかった。
けど、それ以上にこれから山形どんどん楽しくなってくる。
そのきっかけを産み出すのはこれだ!!
という、わくわくも感じました。

かの有名な脇さんに、「やりたいなら、やるかやらないかじゃないやるかやるかだ
これは、いまも俺の中で大事にしている言葉です。
やりたいのに、やらないのはただ言い訳を言ってるだけなんだって。
やらない理由なんて、いくらでも作れる。ほんとにやりたいならやればいいじゃんって。

休学中(中間)

ベトナム

私は、今思うと人に何か教えるということ
教育、お金をいただいて対価に物事を教えるということを、とても軽く考えていました。
自分の授業がクッソつまんなくて、生徒は辞めていくし
それを受け入れられなくて自分に嘘をつき続け、言い訳ばっかりしていた。
精神的にもしんどかったが、最初に社長とした約束「長くいてくれればいい」
この言葉がなかったら帰ってたくらいしんどかった。

同時に、日本法人の営業部とwebマーケ部でも仕事をさせていただいていたが
ベトナムでの現実逃避としては、いい場所だった。いつでも日本の仕事に逃げれた。
自分が「まったくできない」ことから目をそらすために、
日本の仕事をしまったく問題を解決させないまま。10月から1月まで病んでた。

将来、海外でノマドでフルリモートでパラレルにいろんな仕事をするフリーランスになりたかった。
だけど、やっていたことは表面をなぞっているだけ
はたから見て、そんな働き方をしていても、実際全然ダメでは、お話にならない。
という、当たり前のことに気づいた。

ここで、私は最初からずっと人の表面だけをなぞって生きてきたと自覚。

まず、目の前のことをできない人は何やってもダメなんだよ。きっと。
と、同時に逃げるということも覚えた。辞める勇気も。そこの判断は自己責任

1月は、成人式があった。中学の同窓会の運営をしてたのもあり 高校の同窓会にもいった。
ベトナムでのオーダーメードのスーツをきてスーツケースを持ち、空港から参加。
なんか、かっこよさそうだし、一生に一度しかできないからやったけど。
特に、これといってなんもなかった。普通に仲間に再開したくらい。

休学中(後半)

ベトナムで、実はFacebook広告用のPR動画を作らせていただける機会があった。
そこで、自分が動画編集を元々好きだったことに気づき、あ、これ金になるなって思った。

住み込みバイト

とりあえず、1ヶ月間 長野の有名な山頂のホテルで住み込みバイトをして
GWから1ヶ月で35万稼いだ。

そこで、出会った人たちは、いわゆる普通の人だった。
大学を出て、就活をして毎日朝から晩までホテルで働く社員さんは、
自分がなにも考えずにレールに乗ってたらこんな感じだったのかなぁと思うくらい
平凡な人で溢れかえっていた。
仕事終わりに、日本酒を飲み、良い車を買い、
半年に1回まとまった休みをもらってアイドルの握手会に行く。
正直、いままでそんな人生にしたくないと思ってたロールモデルの人で溢れていたが
どこか羨ましかった。こんな人生もありだな。って初めて思った。

毎日同じ日々、5時に起きてお客さんにコーヒーを入れながら山頂から朝日を見て
朝食の盛り付け、皿洗いのあと、客室を掃除する。夕飯を盛り付けて、注文を取り、皿洗い。寝る。

ここに一生いたら、世の中の問題に疑問も湧く暇なく、働きそうで怖くなったけど。
みんなキラキラしてた。疑問。なんでだろう。
たぶん、自分のやりたいことができているからなんだろうね。
でも、それもなんだかありだなって思った。

全てに失敗したら ここで雇ってもらおうかな。

セーフティーネットができて、もうなにも怖くない。絶対死なない。
失敗したらここで2週間働くだけで15万円もらえるって考えたら思い切って前に進めそう。

フィリピン

当初、フィリピンのセブ島で3ヶ月でリモートフリーランスを目指していた。
もちろん、動画編集で。 あわよくばweb系も受注したかった。

だけど、俺にはセブ島は合わなかった。なんでも、高く感じてしまう。
これベトナムだったもっと安いのに。。。とか
道も汚いし、変な匂いするし、物価の割にクオリティ低いし。
ここに3ヶ月ビザ代払うんだったら。ビザ代でマレーシアの航空券代わりに買おう。

そして、1ヶ月で退避した。俺にはフィリピンは合わなかった。
なにしろ、動画編集を仕事にしてるのに、wifiが遅いから納品アップロードできない。

ここは、イケイケのキラキラ系とプログラミングエンジニアに向いている。
動画編集者には合わない。

マレーシア

マレーシアに来てからというもの、物価は高いが価値相応で
フィリピンよりも精神衛生が良くなった。

ここで、やっと自分を振り返った時に、
「いままで全部人のせいにしてきたな。」ってことと
「俺って自分1人じゃ生きていけないんだな」ってことを自覚した。

でも、動画の営業はうまくいき、月に10~15万円くらい発注するわって言ってくれた人が現れた。
その人が忙しくて、全然動画素材送ってくれないけど。(笑)

あと、インターン先のtwitter運用始めた。広報。

Final Cut Pro使いだったが、Premiere Proに切り替えた。最初は苦手だったが、案外やってみるもんだ。意外といける。そして、もうPremiere Proしか使ってない。

最近は、Vtuberの編集から講義系Youtuberまで幅広くやってる。できることも増えて
それが、お金になる。世の中に、提供した価値がお金になってるってことが
めっちゃ自信につながった。自信なう(笑)

バイトをせずに米沢で生き残れるよう、まだまだ頑張る。

ブログも、仕切り直しした。お前、何回やり直すんだよ(笑)って言われそうですね。
かれこれ、
Ameba, FC2 , blogger ,hatena, wordpress(テーマ free → cocoon → lion →JIN

ここで、1.5万円するJINを購入。続ける決意。

そして、復学

9月は復学準備のために、電気電子の勉強を復習するつもりでしたが、やめました。(笑)

agasukelab.com のライターとして東京でインタビューしまくったり
いろんなひととのんだり 9/20によんなな学校行きます。
9/26に引っ越して10/1から復学。ウケる。勉強はなんとかなるっしょ

感想

1年休学して思ったことは、

  • 1人では生きられない
  • なにをするのも、全部自己責任、自己判断、相談できる人もいない
    誰のせいにもできないなかで
    自分がどうしたいかを一番大切にして前に進むことができた。後悔したくない
  • 自分の知らない世界で、生きてる人も楽しそう。偏見って可能性を狭めるなぁ
  • やまがた次世代会今後どうしていこうかめっちゃ迷ってる。大人数のイベントって疲れる
  • 自分のセーフティーをいっぱい作ることでやりたいことやっても帰る場がある。
    帰る場を作りたいし、帰る場になりたい。
  • 山形って狭い。山形はブルーオーシャンで競合がいないからなんでもやりやすいんだけど。
    おもろい奴らとでっけー世界作りたい。世界に目を向けよう。

で、自分が何者になりたいんだろうなぁ。とかまだわからないから
これからも、いろいろ仕掛けつつ振り返りつつ前進したいなぁ

一番の変化

金がなかったらなにもできない。ってこと
いままで、年収100万あれば
それで東南アジアで暮らせればいいや〜って思ってました。
でも、稼げば稼ぐほど世の中に価値を発揮してるってことだし
稼がなくてもいいってのは、稼いでからいうもんだと思って
いまは、お金産み出す仕組みどうやって作ろうかなぁ。どこまで、リスク取ろうかなぁと考えるようになりました。