週報

「コミュニティは物理学」【週報#3】2019/11/28

まず、当てはめられそうな
自分の知ってる範囲での法則は

保存則かなぁ
熱力学第一法則かなぁ

何が言いたいかというと
コミュニティってのは、熱量が高ければ自然と物質は集まってくるし
仕事のきっかけとほぼ同じ理由で放出するし

結構適当な定義だなぁ
物理屋さんに怒られちゃうわ(笑)

まぁ、雑談はこの辺にして

最近、俺の立ち上げた「やまがた次世代会」ってのがまた動き始めてる。
いままで止まってた理由は、俺のやる気がなくなってたから。
これから動き出す理由は、また夢を周りに話し始めたから。

代表は、夢を語り続け大きな方向を示さなければならないんだなぁと、コミュニティ2年目にようやく気づく

好きにやっていいよって言ったらみんな自分で考え主体的に動き自ら創造できると思ってたが、それはトップのエゴだったようだ。
多くの人は、こうして欲しい。と言われなければ何もできないし、とりあえずやりたいです!って集まってくれるのはありがたいけど
こうしてね。と言われるのを待っている。

指示待ちである。主体的になれ。
と言われても厳しいよな

ということで、主体的になりたくなるためには俺が夢を語り続けそれを共感してもらうこと以外に他ならないのであった。

まぁ後2年半も大学生をできるわけなので
もう少しごりごりやっていこうと思った。

そういや、俺の良いライバルというか良い刺激を受けてたやつが逮捕されたらしい。
知らんけど。いろいろチャレンジしてるやつが逮捕されたときのTwitterの喜び方には気持ち悪いものがあったから、自分も気をつけようと思う。

これは、熱力学の試験が1時間後に迫り、電気工学の授業を聞き流しながらnoteを書いているそこらへんの大学生の戯言