動画編集

【副業】地方大学生が動画編集を副業にすべき5つの理由|現役学生動画編集者が解説

こんにちは、動画編集フリーランスのもたです。
プログラミング、ブログなど様々な副業に挫折をした私ですが、
実際に動画編集フリーランスとして現在、月収10万円を稼げています。

勉強を始めて案件を始めて受注した月にも2万円くらいにいきました。

この記事では、地方大学生が副業で動画編集をやるべき理由というのを詳しく解説していきます。

そもそも動画編集者ってなに?

動画編集とは、主にYouTubeの動画やYouTubeのCM、企業のプロモーションビデオなど様々です。テレビ番組を編集するというイメージの人が多いと思いますが、5Gにより通信速度が高速化することでこれからどんどん動画によって、価値を伝えたいと思う個人や企業が多くなるんですね。

なので、動画編集はかなり需要が高まっています。

じゃあ、何が必要なの?という記事はこちらに書いてあります。

【稼げる!】副業で動画編集を始めるために知っておくべきことを解説 こんにちは、もたです。この記事では、ブログを挫折し、プログラミングで挫折した私が、短期間で勉強しすぐに案件を獲得できた動画編集ってやつ...

これさえ読めば、動画編集者になることが意外とイケそう!ということがわかると思います。

動画編集は、挫折しにくく、すぐに基礎が身につき、即金性が高いのでかなりおすすめです。

地方の大学生が始めるべき理由

理由その1 時給が倍以上になる

地方の大学生は東京の時給の半分とか余裕でありますよね
自分は東京出身、山形の大学という経歴なのでびっくりしました。
大学生になったら時給1000円以上、高校生は900円というのが当たり前の世界だったからです。
山形は、大学生なのに最低賃金が800円くらいですよね。

しかし、動画編集は最初の慣れるまでは時給100円とかで苦しいですが
なれてきて、お仕事もいただけるようになると時給1500円以上は固いです。私に平均時給は、2000円くらいです。ものによっては1000円や3000円のものもありますが、つまり低くても1000円になるわけです。

また、地方はアパートの家賃も安いですよね。
結果として、時給が倍以上で、家賃が東京の3割などとなりかなり生活費が抑えられて遊べるお金も得ることができるのです。

理由その2 在宅で働ける

地方の大学生は、バイトに行くまで数十分自転車を漕いだり、バスに乗ったり、電車も1時間に1本などしかないと思います。

その代わり、動画編集などの在宅でできる仕事は、家でできます。

  • 大学で授業が終わって家に帰ってきたとき
  • 授業が空きコマになって暇なとき
  • 友達と飲み会の時間になるまでの暇な時間
  • 朝早く起きちゃってすることがないとき

どんなときでも、仕事をすることができ、バイトのための通勤時間も一切ありません。
時間を有効的に使うことができ、QOLも上がると思います。

理由その3 案件が取りやすい

地方の学生だと、地域連携プロジェクトなどをやっている学生団体がまわりにちらほらあると思います。そこに関わっている社会人の方はある程度権力が地域であったりして、お仕事の話を持っていたりすることが多いです。

フリーランスに安く発注したいという方と繋がることも容易なので、地域の人と繋がりを作りやすく、案件ももらいやすい地方という立地はかなりおすすめです。

また、地方の経営者に対して、動画編集講座をしたりする可能性もできますよね。動画編集フリーランスは、地方ではまだまだ知られていません。
なのでかなりブルーオーシャンで美味しい思いをできます。

理由その4 時間に余裕ができる&なんだかかっこいい

在宅で仕事をすることができると、時間に余裕ができます。
地方は遊ぶところもあまりないと思うので、余った時間でさらに自分でスキルを身につけたり、自分のやりたいことに挑戦してみたり、美味しいものを食べたり、なんでもできます。

時間があるので、友達に何か誘われた時に断らなくて済むし、テスト期間前にもちょちょっと稼げるのでバイトを休むなんてことにもなりません。
安定した収入になりますね

理由その5 上京就活でもへっちゃら

東京などの都会で就職するために就活をすると思うのですが、動画編集者になると家じゃなくてもどこでも移動中でも編集することができるので、かなりおすすめです。

高速バスの中や移動中、説明会の待ち時間、朝早くバスタ新宿に着いてしまった時にやることがないとき。などなどなど

地方学生は就活に数十万円かかると思うのですが、そのお金を就活しながら稼ぐことができるのでかなりおすすめです。

まとめ

以上が、地方大学生が動画編集フリーランスをした方がいい3つの理由でした。

なにか質問がありましたら、Twitterからでも聞いてくださいね

それでは、楽しい大学生活を動画編集で掴み取りましょう!:)