パラレルワーカーになりたい大学生」という名のインターン中間報告

投稿日: 作成者: dellcui

f:id:dellcui-nihei:20181209180849p:plain

お久しぶりです。こんにちは

私は今、ベトナム ホイアンにてインターンをしています。

 

題にもある通り、パラレルワーカーに興味があります。

パラレルワーカーって自分の中の定義では、

いろんな組織に同時に属して

各々、自分の中の時間を少しずつコミットする働き方をすること

それは、違うっていう人がいたら私は、

「まだ名前がない働き方」と答える

 

とにかく、こんな感じの働き方で生きていきたい。

ただそれだけ。 

 

私は、そのためにベトナムにインターンに来て、

インターン先はもちろんだけど。

ベトナムの会社に限らず仕事をもらって

仕事を作ったりして、いま3ヶ月が経とうとしている。

結構楽しい。嫌なことがあったりなかなか手進まなくても

その時間、そのことを考えながら別のタスクを消化できる。

そうして、思考が整理されて元のタスクの解決の糸口が掴める。

 

ひとりごと

1年休学して最初の半年インターンに来た理由、この会社を選んだ理由も

「なんだか楽しそうだから」「いろんな業種をできそうだから」

「入社したらどうなるのか感じたかったから」

これだけ

成長したいとかまったくない

インターンって成長しなければならないのか

いや、それは嘘になるか、成長はしたいな。でも、優先度は低い

目標はある

「わからないことに対してなんでも挑戦できる人になりたい」

 

いや〜、 なんだろう。

私にとって1年の遅れとかどうでもいい

ただ、社会の良しとされるレールに乗っかってきた人生だったから

休憩したかった。疲れたもん。直感

なんかおもしろそうなことをしてみたかった。

 

最初の1ヶ月

私は、日本語学校の先生として来たので日本語の先生としてやっていた。

去年、インドネシアで日本語を教えた経験と、反応が良かったから

同じやり方でいけると思っていた。全然そんなことはなかった。

でも、そんな自分を認めたくなかった。

今思えば、インドネシアでの手法はむしろ最近の方が授業に反映させてて

うまくいっていて。最初はなんだったんだ?

なにに縛られてたんだろう、といまふと思った。

 

うまくいかなくても生徒の反応が薄くても気にしなくて

改善をせずに「このままでいいやー」と

授業がつまらなくて生徒がやめてしまっても

「あ〜、やめたか〜」と、てきとーに捉えていた。

というか、どうしたらおもしろくなるかわからなかったから考えることを

放棄したことも何度かあった。

自分のせいじゃないと言い聞かせ逃げた。

日本語の先生としてうまくいっていないと他の店舗の仕事をもらえないと思ったから

できてるフリをしてたし、できてないことから目を背けていた。

まぁ、バレてたけど。

 

 

2ヶ月目

相変わらす、私の授業はつまらなかった。自覚もしていた。

でも、どうしたらいいかわからない。

中途半端に1ヶ月が流れた。この1ヶ月は早かった。

授業で前回何を教えたかも覚えていなかった。

そして、新しい仕事を貰った。

 

 

3ヶ月目

さらに1人生徒が辞めてしまった。

理由は、前任の先生が面白かったから。

この時、自分のできないことに目を背けている自分に気づいた。

「やべぇ、マジでやべぇ」

かなり危機感。

そして、次の週から授業に対するBeing(自分がどうありたいか)を意識するようにした。

めっちゃ感触が良くなった。そして今日までまぁまぁいい感じに授業ができている。

いままでみたいな。「今日の授業何しよう。。。」

で、半日部屋で考え込む日々も終わった。

よし、やっとタスクに手がつけられる。

どうやら、パラレルワーカーを目指す私に、

同時進行能力は、なかったみたいだ。

というより、全部うまく行くと相乗効果でなんでもできるが

ひとつでもダメなことがあると他のことが全くできなくなってしまう人らしい。

そして、最悪なことに自分でタスクを作ってしまう。

しかも、マストじゃないタスク。

そしてそれもいずれすぐにストレスになる。

チャレンジ以前にそこの

「モチベーション管理、切り替えをできる人にならなきゃ」

今後、パラレルワーカーとしていきていけないと強く感じる。

 

ちなみに先月振られたタスクはまだ手がついていない。

けど、少しずつやっている。

 

4ヶ月目

今月、感じたことは

めんどくせぇと感じてしまうとなにもかも投げやりにやっちゃえ!という気持ちと

しっかりやり遂げたい!という気持ちが拮抗する。

そして、行動せず無駄に時間を過ごす。

まぁ、これについては来週やっと終わるけどね。というか終わらす 。

さすがにね(笑)

 

この3ヶ月の学びは

「まず、目の前のことをしっかり1つずつ終わらせる。」

「タスクをひとつひとつ処理して完了してから次に行く」

「時間がかかりそうなら区切るけど。完了してから次に行くのはしっかりやる」

ことが、大事って言われてるけど。

ほんとうに大事なんだな〜と感じた。

これに関しては、経験して良かった。

癖になってるからだんだん直していこう。そうしよう。

 

あと、職場ってもんは本当にいろんな歳の人がいて

いろんな考えやバックグラウンドの人がいるんだなぁ。と知った。

あたりまえかもだけど。知っていたようで知らなかった。

日本法人の営業部門はだいたいみんな似ていて、

その中で、各々の価値観を大切にしよう。などの

カルチャーといわれるものが5つ存在しているんだけど

あれは、学生が90%の組織だからできていることなのかもしれない。

組織、部門によってもカルチャーは違うんだなぁ。と

これに関しては、もうよくわかんない。

ベトナム法人は、共通理念とかあるのかな。

 

残りだいたい3ヶ月あるんだけど。

私は、自分のやりたい働き方を見つけるためにここにいる。

それを探すし、試行錯誤するし、自分のために動く

 

 

正直、やっぱ他人はどうでもいい。あまり興味がない

でも、最後に言えることは、

 

『他人にベクトルを向けるフリはしない』

 

これは、1年かけて学んだ。↓

他人に全く興味がない。正直どうでもいい

他人に興味がある人ってどんなこと考えてるんだろう?」と思うようになる

他人に興味が全くない。ベクトルを向けれるようになりたい!

他人にめっちゃ興味がある!この人はどんなこと考えてるのかな?わくわく

周りの人のために生きたい!(自己犠牲)

他人に興味があるフリをしていることに気付く

息苦しい

興味がある時はあるし、ない時はほんとにない

ほんとにどーでもいいから

ない時は、あるフリはしない ←いまここ

 

っていう経緯で、ここまで来ました

 

『自分に嘘をつかない』

これを目標にあと3ヶ月ベトナムで過ごします。

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Galway Lite

Galway is a minimalist WordPress theme with bold details and unique styling in all the right places. Fully responsive design displays beautifully across desktop, mobile and all devices in between. Whether you’re an established creative or are just launching your new business, Galway will highlight your content beautifully and grab the attention of your visitors!

Quick View Archive
Tagged